10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 
スポンサーサイト
--.--.--.-- / Comment:× / trackback:× / スポンサー広告
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
定番石けん あずき(つぶつぶver.)
25.03.2010.Thu / comment:4 / trackback:0 / 定番石けん
 
マーブルしましまなどデザインを変えながら
もう2~3年は作り続けている『あずき』の石けん。
今回はオイル配合もちょっと変えてリニューアルしてみました。
あずきつぶつぶver20
あずき Azuki
オリーブ、こめ油、ひまし、ホホバ、
ココナツ、パーム、シアバター
さらしあん、あずき

こめ油&ひまし油コンビのさすがのもこもこ泡!!
ふわふわとした軽めの質感のもこもこ泡です。
こめ油独特のきゅきゅっとした洗い上がり。
あずきの効果とダブルで肌がすっきりします。

デザインは小倉カステラのイメージ(そのまますぎ?)
あずきの色を出したくて、
いつも入れている黒蜜を入れなかったのですが
あんまり変わらなかったような???
このつぶつぶは、
あずきをバーミックスで荒挽きにしたものです。
荒挽きにしたものを粉ごとそのまま生地に入れたら
石けんがちょっと粉っぽくなってしまいました・・・。
(それでなくてもさらしあんで粉っぽいのに・・・。)
今度はバーミックスではなく、すり鉢で砕いてみようかな?

今回は細かくしすぎてしまいましたが、
いつもバーミックスにかなりお世話になっています。
洗いやすくてちょっとハーブを挽くのにとっても便利♪
私にとってバーミックスは料理の道具ではなく、
石けんの道具です!!


石けんが地味目のビジュアルなので、
ご一緒してもらったのはシュライヒの子羊さんです。
まったりと横たわった姿が、びっくりする程石けんになじんでいます。
シュライヒで一番気になっているのは、
もう製造中止になってしまっているのですが・・・ジャイアントシュナウザー!!
淳之介はミニチュアシュナウザーなので、とっても気になります。
それにしても、シュライヒは何故そんなマニアックなものを・・・?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします♪
スポンサーサイト
 
♪ はやっち
はじめまして、はやっちと申します。

あずきの石けん、まさにカステラですね。
おいしそう。
仕事の関係で石けん作りをしているのですが、まだまだ初心者、勉強中の身です。
またちょこちょことのぞかせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

応援ポチリです♪
26.03.2010 / URLEDIT
♪ 白薄荷糖
あっ、これいい!
なぜか最近「あずき」っていう字面がすごく気になってたので食いついてしまいました(笑。
粉モノ・粒モノはあまり入れるのは好きじゃないんですが、入れたいものもあるんですよね。
(どういう基準で線引きしてるのか、自分でもわかりません。)
その入れたいもののひとつが「あずき」。
この石けんの質感、すっごく好みです。
k-michiyoさんの書き方って、「使ってみたーい!」って思っちゃうんですよね(笑。
今日の、あわ立ちのとこなんか、特に!!
26.03.2010 / URLEDIT
♪ k-michiyo
はじめまして(^_^)/
コメント&ぽち★ありがとうございます♪

お仕事のブログを拝見させていただきました。
・・・すごい本格的に化学ですね!!
でもこういうラボで色々調べるのって楽しそう・・・。
理系なのに化学が2だった
私のブログが参考になるかちょっと心配ですが、
また遊びにいらしてくださいね。
27.03.2010 / URLEDIT
♪ k-michiyo
自作を始める前から
あずき石けんをよく買っていたくらいに
あずきの使用感が好きなんですよ~。
特にこれからの季節には重宝しますよ★


粉物は私もあんまり入れないかも・・・。
石けんが粉っぽくなるのが気になって
ココナツミルクはパウダーではなく液体を
スキムミルクもお湯に溶いてから入れています。

文章を褒めていただいてありがとうございます(^_^)/
石けんを知るのに泡の質感って大事かなと思って、
力を入れている部分なので尚更嬉しいです♪
27.03.2010 / URLEDIT
   


 内緒にする
♪ http://babyromantica.blog36.fc2.com/tb.php/346-0cf9e3b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。